避妊ピルネット通販 | 送料無料・即日発送 | 正規品100%保証

低用量ピル、アフターピルの人気商品を掲載。通販は送料無料、初回購入時500円割引で購入頂けます。トリキュラーは婦人科で最も処方されている低用量ピル。アイピルは性交後、72時間以内の服用で緊急避妊可能。ノベロンは生理痛、生理不順の解消に用いられている低用量ピル。

  • 低用量ピル、アフターピルの人気商品を掲載。
  • 通販は、送料無料、初回購入時500円割引で購入頂けます。(一部商品除く)
目次

トリキュラー通販:アンジュと同じ成分配合の人気の低用量ピル!

トリキュラー

送料無料・初回購入500円割引

日本の婦人科で最も処方されている低用量ピル、トリキュラーの海外正規品です。低用量ピルは排卵サイクルのコントロールが可能なため、生理周期の乱れや、生理痛の緩和目的でも処方されているお薬です。正常な生理周期を得ることによって、ホルモンバランスの乱れから起こる精神不安や、肌荒れといった症状の改善を期待できます。

用法・用量

トリキュラー21を服用する場合には、月経の1日目から毎日1錠を服用し、3週間毎日忘れずに服用します。パッケージの中には赤・白・黄の3種類が入っていて、月経開始日から赤錠を6日間、白錠を5日間、そして黄錠を10日間と続けて服用していきます。1サイクル分21日間服用したら、7日間お休みすることになりますが、7日間のお休みの後29日目からは、再びサイクルをリセットして赤錠から飲み始めましょう。

飲み忘れ12時間以内

  • 本来飲む時間から12時間以内の飲み忘れであれば問題はないのでそのまま服用してください。

飲み忘れ24時間以内

  • 気づいた時点ですぐ服用し次からは通常通りに飲むようにしましょう。

飲み忘れ24時間以上

  • 2錠続けて飲み忘れてしまうとトリキュラーの効果は薄れ妊娠のリスクは高まります。
  • この場合はこのクールの服用を中止しましょう。
  • 新しいシートで次の生理から改めてスタートしてください。

21錠目を飲み忘れた場合

  • 休薬前の飲み忘れは休薬期間の延長を意味します。
  • 休薬期間の延長はなるべく避けたい行為です。
  • 飲み忘れた日を休薬期間1日目と考え8日後に新しいシートを飲み始めましょう。

トリキュラー最安値

トリキュラー1年パック

 

アイピル通販:性交後72時間以内に服用することで効果を発揮するアフターピル

アイピル

送料無料・初回購入500円割引

モーニングアフターピル・アイピルは、一般に知られれいるノルレボのジェネリック医薬品です。日本では販売されておらず、個人輸入という形で購入している人が多いほど人気のある商品です。医師の処方で手に入るアフターピルが、2度の服用を必要するのに対し、アイピルは72時間以内に1錠服用、という手軽さで人気のアフターピルです。

用法・用量

性交後、72時間以内に1錠を服用します。水、またはぬるま湯で服用してください。副作用として吐き気や嘔吐が起こりやすいため、空腹時は避け、食後に服用しましょう。避妊できる確率は、24時間以内で95%、72時間で75%の確率で妊娠を回避できるとの報告があります。

ノベロン通販:マーベロンと同じ成分を配合したジェネリック医薬品です。

ノベロン

送料無料・初回購入500円割引

ノベロンはマーベロンのジェネリック医薬品です。避妊効果はもちろん、生理痛、生理不順の解消、卵巣がんの予防、子宮内膜症等の子宮系の病気の改善にも用いられているピルです。毎日の摂取ホルモン量が一定なので、手軽に、飲み間違いすることなく服用できます。

用法・用量

ノベロンは月経の1日目から、1日1錠ずつを決った時間に服用し、21日間これを続け(1シートすべてを飲み切ります)、その後7日間の休薬期間を設けて下さい。7日間の休薬中に月経がきて、8日目になったらまた新しいシートの1錠目から順に21日間服用します。ノベロンを服用する時間は食前・食後を問いませんが、ホルモンの血中濃度が安定するよう、毎日だいたい同じ時間に服用してください。

エラワン・ジェネリック通販:性行為後120時間(約5日間)避妊効果が持続します。

エラワン・ジェネリック

送料無料・初回購入500円割引

エラワンは、望まない妊娠を避ける緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。一般に知られているノルレボは72時間以内(3日以内)に1錠服用、さらに12時間後に1錠の服用が必要がありますが、エラワンは120時間(5日以内)に1錠服用すると効果を発揮するので、ノルレボよりも時間的な余裕があります。性行為後服用する時間が早ければ早いほど、避妊効果が高くなります。

用法・用量

  • 1回1錠を、性行為の120時間以内に経口服用。

ダイアン35通販:生理痛やPMS(月経前症候群)、子宮内膜症の改善に使用され、特にニキビの改善に有効な薬です。

ダイアン35

送料無料・初回購入500円割引

ダイアン35は、アジア人の為に作られた安全で確実な避妊をもたらす低容量避妊ピルです。有効成分の酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールは、擬似的に妊娠状態を作り上げ、排卵を阻止して避妊を行います。またダイアンには男性型の多毛症、抜け毛、ニキビを抑える作用などもあります。

用法・用量

  • 1 日1 錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って生理開始1日目から21日間服用を続けます。
  • その後、7日間の服用休止期間を経た後、次のピルシートを使用します。

ヤスミン通販:月経困難症や更年期障害の治療にも広く使用されます。

ヤスミン

送料無料・初回購入500円割引

ヤスミンは、ヤーズのジェネリック品となります。ホルモンバランスの変化による体重変化や、ニキビ発生の抑制効果をもつ新世代低用量ピルです。ヤスミンの服用法は容易で、従来のような飲み違え等がありません。新種の成分ドロスピレノンが主成分で、むくみなどの副作用が少なく、男性ホルモン作用がほとんどない点が特徴です。

用法・用量

1日1錠を毎日同じ時間に内服してください。開始日は月経1日目で、21日間(1シート)服用して、1週間休薬します。その後29日目からはまた新しいシートをご使用ください。飲み忘れがなければこのサイクルで薬が余ったり足りなかったりすることはありません。月経1日目から服用した場合には当日から効果が得られます。

フェミロン通販:マーベロンのジェネリックで、トリキュラーと人気を二分する信頼の高い薬剤。

フェミロン

送料無料・初回購入500円割引

フェミロンはオーソセプト/マーシロンのジェネリック商品です。フェミロンはEthinylestradiolを0.02mgに抑えた超低用量ピルです。フェミロンは、28日周期に使用され、少量の女性ホルモンを摂取します。フェミロンに含まれるこれらのホルモンが卵巣から毎月放出される卵子の放出を妨げます。フェミロンは1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有量が一定ですので服用が簡単なピルです。

用法・用量

1日1錠を水と一緒に服用します。毎日飲むことで効果がアップします。1箱21錠がセットになっていてますので、全て使用した後7日間を空けて再度服用します。

ロエッテ通販:避妊失敗時のアフターピルとしても服用ができ、高い避妊効果を得ることができます。

ロエッテ

ロエッテは、避妊や生理痛の緩和を目的として製造された経口避妊薬です。毎日服用する低用量ピルの中で、最も高い避妊効果があるといわれていて、とても人気があります。有効成分は、排卵を抑えるレボノルゲストレル(黄体ホルモン)と、男性ホルモンのアンドロゲンを抑制させてホルモンバランスを整えるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)です。

用法・用量

通常時の避妊を目的とする場合

月経初日から1日1錠ずつ、シートに表示されている曜日の錠剤を服用して下さい。その後毎日一定の時間に1錠ずつ服用し、21日間服用したら、次に7日間の休養を設けてください。
※継続服用する場合は7日間の休養後から次のシートの服用を開始して下さい。

緊急用ピルとして使用する場合

性行為の72時間以内に1錠、さらにその12時間後に1錠を服用して下さい。

 

ヤーズ通販:月経困難症に伴う生理痛や不快感を緩和

ヤーズ

ヤーズは低用量ピルであり、すべての月経困難症に用いることができます。女性ホルモンであるエストロゲンの含有量が0.02mgと非常に低量です。ヤーズには、黄体ホルモンとして、ドロスピレノン(DRSP)が含まれています。ドロスピレノンはこれまでの黄体ホルモンに比べて、体の中にある自然な黄体ホルモンにとても近い働きを持っているため、むくみや吐き気などの副作用が出にくいという特徴があります。

用法・用量

月経が始まった日より服用を開始して下さい。毎日1錠ずつ一定の時間に24日間連続して服用し、4日間プラセボ錠(飲み忘れ防止用の偽剤)を服用し続けます。この28日間を1つの服用周期として服用を継続する場合は29日目から次のピルシートに移り同じ周期で服用を開始して下さい。

 

ヤミニ通販:体重増加やむくみ、ニキビの発生をなくす事を重点において開発されました。

ヤミニ

ヤミニは第4世代の低用量ピル、ヤスミンのジェネリック医薬品です。ピルの副作用でみられたホルモンバランスの変化による体重増加やむくみ、ニキビの発生をなくす事を重点において開発されました。有効成分は、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と、黄体ホルモン(ドロスピレノン)で、この黄体ホルモンには利尿作用があり、この効果によって従来のピルに見られた体重増加やニキビの発生を少なくしています。

用法・用量

ヤミニ(ヤスミンジェネリック)を服用する場合、生理初日から服用を開始することで避妊効果は即日となります。※但し生理開始後から5日以内ですと避妊効果はおよそ2週間後になりますので、ご注意下さい。

 

ヤミニ(ヤスミンジェネリック)を毎日1錠ずつ21日間服用し続けて下さい。21日間服用した後7日間は休養期間になり、この期間に生理が来ます。継続する場合は再度新しいシートから21日間の服用と7日間の休養期間の周期で服用を続けて下さい。毎日服用し続け、できるだけ決まった時刻に服用するように心がけて下さい。

 

マイクロジノン21通販:トリキュラー、アンジュと同じ成分の人気ピル!

マイクロジノン

送料無料・初回購入500円割引

マイクロジノン21は、第二世代経口避妊薬です。マイクロジノンの有効成分は、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールです。トリキュラーと同じバイエル社から販売されています。トリキュラーは3種類のピルがセットになっており、指示通り異なるピルを服用する必要がありますが、マイクロジノンは、1種類のピルにすべての成分が入っているため、飲み違いなどに気を使う必要がありません。

用法・用量

マイクロジノン21を服用する場合には、月経の1日目から毎日1錠を服用し、3週間毎日忘れずに服用します。1サイクル分21日間服用したら、7日間お休みすることになりますが、7日間のお休みの後29日目から再び飲み始めましょう。

 

ノーフェア通販:緊急避妊薬ノルレボのジェネリック医薬品となります。

ノーフェア72

ノーフェア72(ノルレボジェネリック)は、モーニングアフターピルで、ノルレボという緊急避妊薬のジェネリック医薬品となります。望まない妊娠や計画外の妊娠を避けるための緊急避妊薬です。避妊具を使用せずに性行為をしてしまったなどの避妊具の不着用やコンドームなどが破れるなどした場合の事後対策として使用します。

用法・用量

性行為後72時間以内にノーフェア72(ノルレボジェネリック)を1錠を服用します。ノーフェア72(ノルレボジェネリック)を服用後、一時的に吐き気などの副作用が現れる場合がありますので、服用前に吐き気止めや食事を取っておくようお願いします。また、服用してから1時間以内に吐いてしまった場合、再度服用して下さい。

 

ピルの購入方法

ピルの購入方法

通常、日本国内で避妊ピル(低用量ピル)、アフターピルを購入する場合は、医師の診察及び処方せんが必要です。

 

具体的には、産婦人科と一部の皮膚科や美容クリニックなどで処方して頂くことができます。但し、皮膚科の場合で、ニキビの外来を専門としている医師の場合は、ピルを出さない事がありますので事前に調べておく必要があります。

 

費用に関しては、ピルを病院で処方してもらう場合、保険が効かないことが多いです。通常、私達は、受診にかかる内の3割(高齢者などではそれ以下)を支払います。

 

月経困難症であれば保険適応になりますが、多くの方が保険適応にならないのが現状です。費用は病院によって異なり、受診料・処方料・検査料などで約5,000円〜6,000円前後です。薬代は、別途必要になり処方薬局で支払います。

避妊ピル(低用量ピル)、アフターピルを海外から個人輸入する場合は、受診料・処方料・検査料が必要なく、消費税も非課税です。

ベストケンコーは、創業以来10年以上の老舗オンライン薬局

ベストケンコー:会員登録

送料無料
無料会員登録で500円クーポン進呈

ポイントシステム

  • ベストケンコーでは、お買い物金額に応じてポイントがたまる「ポイントシステム」を開始しました。
  • お買い物の金額に応じて、ポイントをプレゼント。
  • 1ポイント=1円」として、次回以降のお買い物の際のお支払いにご利用いただけます。
  • ポイント率はお買い上げ金額によってどんどんアップします。買えば買うほどお得!

お買い上げ金額

付与されるポイント

~11,999円

お買い上げ金額の1%

12,000円~21,999円

お買い上げ金額の2%

22,000円~31,999円

お買い上げ金額の3%

32,000円~51,999円

お買い上げ金額の4%

52,000円~

お買い上げ金額の5%

ピルの飲み方

ピルの飲み方

避妊目的の場合

  • ピルの服用開始のタイミングは、月経初日から7日以内であればいつでも構いません。
  • 月経が続いている間に服用を開始すれば、他の避妊法は必要ありません。
  • 7日以内でも既に月経が終わっていれば7日間だけ他の避妊を併用することをおすすめします。(コンドームなど)
  • 28日型ピルを服用する場合には、1周期が終了して、そのまま翌日から次のピル周期を開始します。
  • 21日タイプでは、7日間の休薬期間をとった後に次のピル周期を開始します。

生理日を早める飲み方

  • 生理開始初日からピルの服用を開始し、生理を起こしたい日の2日前くらいまでピルを服用します。
  • 服用中止後2から3日で量の少ない生理が始まります。ただし服用期間が短いと、生理が始まらない場合もあります。

生理日を遅らせる飲み方

  • 生理予定日の5日前くらいからピルを飲み始め、生理を起こしたい日の1から2日前くらいまでピルを服用します。
  • 服用中止後2から3日で量の少ない生理が始まります。ただし服用期間が短いと、生理が始まらない場合もあります。

ピルを飲み忘れた場合

ピルの飲み忘れ

飲み忘れ12時間以内

  • 本来飲む時間から12時間以内の飲み忘れであれば問題はないのでそのまま服用してください。

飲み忘れ24時間以内

  • 気づいた時点ですぐ服用し次からは通常通りに飲むようにしましょう。

飲み忘れ24時間以上

  • 2錠続けて飲み忘れてしまうとトリキュラーの効果は薄れ妊娠のリスクは高まります。
  • この場合はこのクールの服用を中止しましょう。
  • 新しいシートで次の生理から改めてスタートしてください。

21錠目を飲み忘れた場合

  • 休薬前の飲み忘れは休薬期間の延長を意味します。
  • 休薬期間の延長はなるべく避けたい行為です。
  • 飲み忘れた日を休薬期間1日目と考え8日後に新しいシートを飲み始めましょう。

ピルの副作用について

低用量ピル服用初期になぜ副作用が起きるのか?

私たちの体では様々なホルモン分泌があり作用しています。それは個人差があり、個人的にも環境や生活習慣の変化などから毎回違っているといっても過言ではありません。体内のホルモン環境が毎回違うのは、その月によって生理が重い重くない、経血量が多い少ないなどの違いがある事からもお分かりで頂けると思います。

 

ピルを服用する事でその周期的なホルモン環境の変化は少なくなります。しかし、自分の体がホルモンの必要を感じ分泌するホルモンの自然分泌とは違い、自ら服用する事で初めて体内にホルモンが巡るといった今までにない形でのホルモン分泌が体になじむまで違和感を感じてしまいます。その事が服用初期の副作用を発症させてしまう原因となります。ですから2~3か月もすると、この副作用は収まってくることがほとんどです。

低用量ピルの副作用はどのようなものがあるの?
  • むかつき、吐き気、嘔吐
  • 乳房膨満感、乳房増大、乳汁分泌、乳房痛
  • 頭痛、片頭痛、めまい、ふらつき
  • 下腹部痛、腹痛、腰痛、下痢、便秘
  • イライラ感、抗うつ、動機、倦怠感
  • 食欲増加、食欲不振、体重増加

副作用が少ないピル

【第2世代ピル】

【第3世代ピル】

【第4世代ピル】

 

日本と諸外国でのピル普及率の違い | ピルの避妊効果

日本での経口避妊ピルの普及率は1%です。それに対して経口避妊ピルを使用する人がもっとも多いのはヨーロッパで、フランス41%ドイツ37%イギリス28%となっています。アメリカは16%です。
(同じアジアの韓国は2%、中国は1.2%です)

 

世界中の女性たちがピルを支持している理由としては、避妊効果が高く、女性が主体となって避妊することが可能なことが挙げられるでしょう。低用量ピルを服用したときの避妊失敗率は0.1%、コンドームを使用した場合の失敗率は3〜10%と言われ、低用量ピルを使えばほぼ確実な避妊効果が得られます。

 

アフターピルの効果・服用方法・副作用

モーニングアフターピル、緊急避妊薬、事後避妊薬、などとも呼ばれ、欧米では広く知られ使用されています。低用量ピルの長期の見忘れやコンドームが破れてしまった、など予測できなかった避妊失敗に際して、望まない妊娠を回避するために性行為後に使用する緊急避妊ピルです。

作用が穏やかな低用量ピルとは異なり、アフターピルは中容量または高容量のピルで急激にホルモンバランスを変化させることで排卵を抑制し、タイミングを遅らせることで受精を防ぎ妊娠を回避します。数種類のデータがあるのですが、アフターピルによる避妊成功率は93%以上ともいわれ、適正な服用方法であれば99%という報告もあります。

服用開始が早ければ早いほど効果が期待でき、避妊成功率が上がります。アフターピルは中絶とは異なるため、着床してしまってからの服用は効果がありません。避妊に失敗した時点から72時間(3日)以内に1錠を内服、さらにその12時間後にもう一度服用する方法や72時間以内に2錠内服するタイプが現在の主流(アイピルボスティノールなど)となっています。

 

アフターピル服用後3日~3週間ほどで消退出血が起こるかどうかが避妊成功のひとつの判断材料となります。出血がみられても妊娠による着床出血の可能性もありますが、こちらは消退出血と比べてごく少量で色も茶色がかったものです。服用後3週間以上経っても消退出血がみられない場合には妊娠の可能性がありますので、市販の検査薬や病院の受診で確認しましょう。

 

アフターピルは低用量ピルよりも女性ホルモンが高濃度なため、吐き気・嘔吐、胃の不快感、頭痛などの副作用の可能性があります。長くても24時間以内で緩和することがほとんどです。非常事態で大変頼りになる薬ですが、アフターピルはあくまでも緊急の避妊法であり、最後の手段だということをよく認識しておいてください。

  • 性交後72時間以内に1錠服用することで、高い確率で妊娠を回避することができます。
  • 120時間(5日以内)に1錠服用すれば高い確率で妊娠を回避することができます。

避妊ピル服用によるホルモンバランスの安定によってさまざまな健康効果があります。

ピルは避妊目的と考える人も多いですが、月経不順や月経困難症、月経前症候群などの生理に関連する腹痛や腰痛、大量の出血、気分の変調、にきびなどの症状を抑える効果もあります。実際にピルを内服している女性の約40%はそのような副効果に期待し、約20%は副効果のみの目的で内服していると言われています。ピルの内服は子宮内膜症、卵巣がん、子宮体がんの発症を抑えたという医学的な研究結果も報告されています。ピルで卵巣を休ませることができるため、病気も進行しないばかりか、ホルモンバランスを整えることができ、妊娠を希望するときに妊娠しやすくなるとも言われています。ピルを内服していると妊娠しにくくなると思っている人がいますが、内服中止後1-3か月で妊娠可能な状態に戻ります。 このように日本でピルが普及しない理由は、承認の遅れ、認知度の低さ、敷居の高さ、誤った考え方など様々ですが、一方でピルがどれぐらい女性にとって有益な薬であるかも理解していただけたらと思います。

月経トラブルの改善

避妊ピルによる疑似妊娠の効果で月経が軽くなります。それによって月経血が減るとともに生理不順も改善します。強い生理痛をともなう月経困難症も軽減します。手足の冷えや肩こりなどの身体症状の他に、イライラや怒りの発作、憂うつなどの精神症状をともなうPMS(月経前症候群)もピルの服用で改善します。

肌荒れの改善などの美容効果

ピルの服用でホルモンバランスが安定すると、ニキビや吹き出物ができにくくなります。また、乾燥肌になりにくく、肌につやと張りが生まれます。男性ホルモンが多くムダ毛が多かった人も女性ホルモンの補充で症状が改善します。

更年期障害の軽減

避妊ピルと更年期は関係ないようですが、閉経によって分泌が急激に低下する女性ホルモンを補うことで、更年期障害のさまざまな症状を軽減することができます。更年期障害は不定愁訴とも言われるように、心身のあらゆる面に症状が出る可能性があり、人によってその出かたが異なります。いろいろな症状にそのつど対症療法をほどこしても大きな効果は期待できませんが、女性ホルモンを供給することで根本的な改善が期待できます。

骨粗しょう症、卵巣がんなどの予防

ピルの長期服用によって閉経後に増加する骨粗しょう症、卵巣がん、子宮体がん、骨盤内感染症のリスクを軽減することができます。

 

個人情報の保護には細心の注意を払っております

「常時SSL」とは?
トップページから、ログイン、決済ページまで、全てのページをhttps 化し、ログイン情報などを含むCookieの漏えいを防ぐセキュリティ手法です。

 

Amazon、Google、Twitter、Facebook、Microsoft、PayPalなど大手の通販サイト、ポータルサイト、SNS、決済サイトにおいて導入が進んでいます。

 

常時SSLとCookieのSecure属性を利用することで、ウェブサイト訪問者の機密情報を、ハッカーの攻撃から防御することができます。

 

米国では非営利法人OTA(Online Trust Alliance)が常時SSL の啓蒙活動を進めています。

参考資料

このページの先頭へ戻る